性器ヘルペス再発の危険性と母子感染のリスクについて解説

ヘルペスウイルス、というのは日本人の殆どが感染している可能性のあるウイルスです。
そして、このヘルペスウイルスは様々な形で人間に感染していくものですので様々な感染経路に気をつけておかないと、人に感染させてしまうリスクもあるんですね。

性器ヘルペスは母子感染する

実は、性器ヘルペスというのは淋病などの性感染症と同じく母子感染してしまうリスクがあるんですね。
ヘルペスウイルスは感染しまっても体内に潜み続けている物ではあるのですが、特に産道にウイルス増殖している状態で出産してしまうと、赤ちゃんに新生児ヘルペスを発症させてしまう危険性があるんですね。
なので、妊婦さんが性器ヘルペスに感染している場合は産道を通らないようにするために帝王切開による出産をすることを推奨させられることもあるんですね。

性器ヘルペスは再発の危険性もある

更に、性器ヘルペスというのは感染はもちろんなのですが基本的に一度感染してしまうと再発してしまう危険性が高いんですね。
なので、初感染をしてようやく症状が収まったと思ったら、一年以内にまた感染してしまい、症状が同じところに出てしまうということもあるんです。
初感染のときに比べると、症状の出方はそれほど重くないという事が多く、治療するまでの期間も初感染の時に比べると短くなることが多いですね。

性器ヘルペスの再発について

特に、人によって頻度は1ヶ月に何度も起こるという再発ペースの人も多いですし、年に一度くらいのペースと言う人もいます。
特に、頻度が高い女性は妊娠中にちょうど出産時と性器ヘルペスの発症が重なってしまうこともありますので、その時は特に産道感染してしまう、ということに気をつけないと行けないのです。

コメントを残す