性器ヘルペスの感染経路はセックスなのでコンドームを使おう

性器に痛みを感じたり、水疱のような物ができてしまうヘルペスウイルスによる性器ヘルペス、というものがありますね。
感染力が高い性器ヘルペスなのですが、どんなふうに感染してしまうのかということについてを解説していきましょう。

性器ヘルペスの感染経路について

性器ヘルペスは、ヘルペスウイルスによる感染症なのでウイルス接触で感染する物です。
特に、性器ヘルペスは性感染症の一つなので感染経路はセックスによるところが多いですね。
通常のセックスだけでなく、アナルセックスオーラルセックスなどによっても感染することがあるんですね。
なので、ヘルペスウイルスの影響が出るような症状の釣行が出るようであれば、性行為全般などの性器との粘膜接触は控えた方がいいですね。

性器感染するのは性器ヘルペス同士だけではない

性器ヘルペスは単純ヘルペスウイルス2型なのですが、口唇ヘルペスは単純ヘルペスウイルス1型という違う種類のウイルスです。
しかし、実は口唇ヘルペスに感染している女性とオーラルセックスをすると、それが性器にヘルペスウイルスとして感染して性器ヘルペスになってしまうという危険性があるんです。
なので、性器同士の接触でなくてもヘルペスウイルスになってしまうということを念頭においておくといいでしょう。

症状が出ていなくても気をつけて

ヘルペスウイルスは、症状が出ていなくても感染していることがある物です。
しかも、感染している状態であれば感染してしまいますのでセックスの時も普段からなるべくコンドームの使用をすることによって粘膜接触を避けることでヘルペスウイルスへの感染を防ぐことが出来るんですね。
リスク軽減をすることは非常に大事です。

コメントを残す