性器ヘルペスの治療法と再発防止のための治療方法について

性器ヘルペス、というのはなるだけ早く見つけて早く治療に取り掛かる方がいいでしょう。
性器ヘルペスは、如何に治療するのかということにおいて症状をどのくらいの期間で収めることが出来るのかということに関わってくるので気をつけましょう。

性器ヘルペスはどう治療するか

性器ヘルペスの治療は、通常のヘルペスウイルス感染と同じく抗ウイルス剤を用いて治療することが多いですね。
主に、飲み薬や塗り薬を処方することが多いのですが、症状がひどい時には点滴による治療を行うというケースもあるんですね。
処方される抗ウイルス剤は、主にバルトレックスゾビラックスビラダビンなどが挙げられますね。
これら、抗ウイルスは処方箋がないと手に入れることができないのでドラッグストアや薬局などで個人的に購入することはできません。

性器ヘルペスは完治できない

現在の治療技術では、症状を収めることはできても神経節や神経細胞の中にまで入り込んでしまう潜伏したヘルペスウイルスを死滅させることができないんですね。
だから、ヘルペスウイルスに感染してしまうと免疫力が下がってしまったり体力がおちてしまうたびに再発してしまう危険性が常に付きまとうのです。
なので、この再発をさせないようにするために再発抑制療法というものを摂ることもあるんですね。

再発しないようにするためには

性器ヘルペスの再発抑制療法は、習慣的に抗ウイルス剤を投与し続けることでウイルスの増殖を防ぎ、再発をすることがないようにするという治療方法をとることもあるんですね。
なので、性器ヘルペスの再発ペースがあまりにも高頻度だとこういった治療方法もあるんだ、ということ覚えておくといいでしょうね。

コメントを残す